ネパール青年育成プログラムとは?

  • HOME »
  • ネパール青年育成プログラムとは?

青年育成プログラム

  • 去年の「ネパール大地震」により、ネパール国内は壊滅的なダメージをうけています。そんな今だからこそ、ネパールの青年たちに自ら母国の復興ができるよう「機会」を与えていただきたく、このプログラムを企画しました。
  •  大地震で被害にあった家族の18歳から30歳までの青年を対象として、下記のとおり行う予定でございます。

日本からネパール人にどんな教育が必要としているか?

1.無駄、無理、ムラ知識

2.危険予知知識

3.日本語教育、日本の文化、職場安全

4.日本の社会構成、法令、自国の誇り意識

外国人技能実習生制度とは?

ネパールで6ヶ月間、日本入国後約1カ月間、日本語知識を学び、技能実習生として受け入れ企業の従業員となります。1年後、国家試験(基本的な技術試験)を受け、更に技能・知識の熱成度を高めます。(最長3年間)帰国後、母国の経済発展に役立ててもらう「人を通じた国際貢献」を目的とした公約制度です。

一般社団法人亜細亜フレンドシップの役割

日本産をネパールへ市場開拓。

ネパールへ輸出に当たってネパール国側の法的手続きなどを円滑に行うこと。

ネパール産の商品や民芸品などを協同売買によって日本国内に仕入れてネパールで就職率を上げる。

日本国内の企業の代行でネパールの企業と渉外支援。海外渉外担当の人件費を削減。

スクリーンショット 2016-04-17 21.27.52

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0429-41-3430 9:00 - 18:00

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 亜細亜フレンドシップ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.